遺品整理は故人の残したものを整理すること

遺品整理は故人の残したものを整理すること、財産分与など手続きが必要なものというより、故人が生前に使用していた生活必需品や、雑貨や衣類から小物、家具、家電製品などや本やCD、レコードなどさまざまなものを片付けたり、処分したり、分類することです。

遺品整理は専門の法律などはまだないので、故人の家族が行うのが普通ですが、なかには近所に家族や親類、知人などがいない場合などもあるので、そういった場合には引越業者さんや便利屋さん、廃品処理業者さんに依頼することになります。

しかし、さすがに廃品として全て捨てていいかどうかという問題があり、多くの場合は遺品整理のメニューがあるサービスに作業を依頼するのが増えています。

遺品整理の業者さんの団体も出来はじめていますが、まだ全国的な組織になっているものはありません。

ただ、遺品整理が話題にあがることは最近よくあるようです。

遺品整理解明アシスト』のような遺品整理に関するサイトもよく見かけるようになりました。

やはり依頼するなら専門の業者に頼みたい、というのが皆さん正直な所なのでしょうね。